税理士資格の学習法

税理士資格試験の内容

税理士の資格の難易度は高いです

言うまでもなく、税理士資格の難易度は非常に高いと言えます。最難関国家試験の1つでもあるため、合格するためには相当な努力を求められることになるのです。ただ、司法試験や司法書士や、あるいは会計士試験のような他の難関資格に比べると、税理士の場合は幾分学習がしやすいと言えます。なぜなら、科目合格制となっていることから、一度の試験で全ての科目に合格をする必要はないのです。もし1科目だけでも合格できれば、それはずっと有効になるわけですから、学習プランが他の試験に比べて立てやすい傾向にあるのです。それでも、難易度が高いことに変わりはありませんが。

独占業務が強みの税理士

税理士は法律で定められた国家資格です。その試験は毎年8月に国税審議会が全国各地で行っており、簿記論や財務諸表論といった会計の基礎および合格率10%前後の税法の科目を合わせて5科目の合格する必要があり、非常に難しい試験と言えます。そうした厳しい試験を突破した税理士の業務のほとんどは独占業務とされており、税務代理、税務書類の作成、税務相談がそれに該当し、また、それに付随する形で財務諸表や帳簿書類の作成を行う事ができます。なお、無資格でこれらの業務を行う事は、有償、無償を問わず違法行為となりますので、十分な注意が必要です。

↑PAGE TOP

Copyright & copy; 税務方面で有利な資格 All rights reserved