税理士という資格

税務方面で有利な資格

国家資格・税理士試験の受験資格

税理士は法律で定められた国家資格であり、原則として国税審議会が行う試験に合格する必要があります。その受験資格は、大学あるいは専門学校などで経済学を修めた者に与えられる学識によるもの、日本商工会議所主催の簿記検定一級、全国経理教育教会主催の簿記検定上級の合格者に与えられる資格によるもの、会社や個人事業主など雇用主の会計事務または税理士や公認会計士の補助事務などについて二年を超える期間の経験がある者に与えられる職歴によるものに大別されます。いずれも必要最低限の知識や経験を有するかという点において設けられた受験資格でありますが、試験合格という観点から見ると、簿記検定を合格している人が最も試験の合格に近い存在と言えます。

税理士の業務内容について

税理士の仕事は、その大半が税務書類の作成、税務相談、税務代理という独占業務になります。つまり、これらの業務は有資格者のみが行う事ができ、それ以外の者が有償、無償に関わらずこれらの業務を行うと違法行為となります。なお、これらの業務に付随する範囲で行われる財務諸表や帳簿書類の作成は独占業務ではありません。独占業務を持つ税理士は法律によって認められた国家資格であり、国税審議会が行う会計の基礎(簿記および財務諸表)あるいは各種税法(法人税、所得税、消費税など)の試験に合格し、かつ、最低でも2年以上の会計業務という実務経験があって初めて認められます。

↑PAGE TOP

Copyright © 税務方面で有利な資格 All rights reserved